忘年会の景品選びに困ったら

忘年会と新年会の景品について:メッセージ

忘年会とイベントと景品
忘年会につけたいメッセージとすれば、やはり「忘年会」ということで
「1年間お疲れ様でした」というメッセージや「ありがとう!」というような
相手が心温まるような文言が好まれるものです。

景品にこのような言葉があるだけでもやはり嬉しいものですし、
可能であれば、一つ一つの景品に対して、違う言葉をつけることが出来れば
なお嬉しいものです。

この心理としては、「人は好意を持たれたり、感謝をされると
その人に対して好感を抱くようになる」という心理学があるため、
メッセージをつけることは、とても良いことです。

なぜならば、この忘年会シーズンに、このような感謝の気持ちや
お疲れ様、という言葉があるだけでも、「自分は感謝をされているんだ」
「だから、来年も頑張ろう」という気持ちになれるためです。

心を込める


そのため、ただ、景品だけをもらえるよりも、景品の中などにさらにこのような
「お礼の言葉」があった方が、とても心が嬉しいと同時に、やる気というものを持つことが出来ます。

多くの人の場合には、「感謝をされて仕事に対してやる気を出す」という心理があります。
もちろん、食べていくために仕事をするわけですが、そうした中にも、人には
「人から認められたい、他人から褒めてもらいたい」こんな承認欲求があるため
感謝の気持ちやお礼の言葉というものは、人を癒してくれると同時に
疲れをも吹き飛ばしてくれるものになっているのです。

そのため、このような言葉は、是非、忘年会の景品につけるべきです。

いやしてくれる