忘年会の景品選びに困ったら

忘年会と新年会の景品について:定番

忘年会とイベントと景品
忘年会は楽しいものですが、幹事の方にとって頭を悩ませるものがあります。
それは、忘年会の景品です。

幹事にとって、景品選びはとても頭の痛いものとなってしまっている方も
多いのではないでしょうか。

場を盛り上げようとして、奇をてらったものを選びすぎたり
無難にまとめすぎてあまり人気がなかったり失敗するのは怖いですよね。

楽しむ

ここでは、人気で誰が貰っても嬉しい定番の景品の選び方を紹介します。

まず、幹事の方がやるべきことは、予算配分です。
きちんと豪華景品と参加賞などランクとその予算について選びましょう。

喜ばれる

その時に大切なことはメインの景品はだれにあたっても喜ばれて
かつ持ち帰りがしやすいものにすることです。

忘年会は会社の幅広い年齢層の方が来ますから、
性別や既婚者かどうかなどに気配りを行うことが大事です。

生ものを選んでしまうと、持ち帰りも大変ですし、痛むまでの期間などを考慮すると
生ものを景品にするときはカタログギフトなどにするなどにすると喜ばれます。

テーマパークへのチケットや旅行券なども持ち運びしやすく
なおかつ楽しめる人気のある景品になっています。

特に家族がいらっしゃる方だったり、お子さんがいらっしゃる母親の方などが
多い職場に勤めてらっしゃる会社の方にはオススメです。

忘年会の幹事での景品選びをスマートにこなして、同僚や上司の方にも
喜んでもらえるようにしっかりと計画を練って、余裕をもって買い揃えておきましょう。