忘年会の景品選びに困ったら

忘年会と新年会の景品について

忘年会とイベントと景品
たくさんの人で盛り上がる忘年会の中でも特に余興の景品は
外せないイベントです。
余興の代表としてはやはりビンゴが挙げられるでしょう。

ビンゴがよく選ばれるメリットとしては、やはり準備に時間がかからないことと
誰もが知っているゲームであるために、説明が簡単に済むことです。

しかしビンゴやその景品の予算はどのくらいに設定すれば良いのか
悩んでいる幹事も多いと思います。

基本的に忘年会の余興であれば一番盛り上がるのが
上位の1位から3位とされています。

この辺りを豪華にしていると他が多少低コストであったとしても
その記憶が最後に残るので豪華なイメージになります。

クルーズ

そこで限られた予算の中でビンゴ景品の1位から3位に掛ける費用は
用意している費用が3万円の場合は2万円程度、5万円の場合は
3万5千円程度、7万円の場合は5万円程度、10万円の場合は
7万円程度とされています。

これらの費用で用意をすると喜ばれる忘年会のビンゴ景品として挙げられるのが
豪華ディナークルージングです。

宴会場

ホテルなら食事に行く機会があると思いますがクルージングは
気恥ずかしさもあってなかなか機会がないでしょう。

普段自分では行く機会がないからこそ忘年会の景品として用意しておくと喜ばれます。

ここでポイントとなるのが1人分だけでなく誰かと一緒に行けるようにペアチケットにすることです。
ペアチケットにすることで非日常的な雰囲気を味わってもらい
貴重な経験をすることが出来るのでおすすめです。

このように忘年会の景品を決める際は1位から3位を豪華にして
後は気持ち程度に抑えて予算内で収まるようにすることと、自分ではなかなか出来なかったり
買わなかったりするものを選ぶことや、チケットの景品であればペアチケットにすることが
ポイントとして挙げられます。

こういったチケットを景品として用意する場合、見栄えとしては少しさみしくなりますので
パネルを用意して、豪華さの演出をしてみても良いでしょう。

当たったときに持ち帰りが楽、というのもチケットのメリットですね。